豊胸手術をやり直す|日本人は末広型の二重|美容整形で人生を満喫

日本人は末広型の二重|美容整形で人生を満喫

豊胸手術をやり直す

医者

失敗しても諦めないで

豊胸手術は大阪の美容整形外科でも人気が高い一方で、後から不満が出やすい手術でもあります。よくあるトラブルとしては、カプセル拘縮やバッグの破損が挙げられます。カプセル拘縮はバッグの表面に皮膜ができ、硬く小さく縮むことで起こります。手術後のマッサージを怠ると起こりやすくなり、バストの手触りが硬くなってしまいます。最近のバッグは破損しにくく、万一破損しても中身が出てこないコヒーシブシリコンが主流になっています。しかし古いタイプのバッグは破れて中身があふれ、バストの形が崩れてしまうことがあります。手術自体は成功したが、結果が不満だということもあります。思ったほど大きくならなかったとか、逆に不自然なほど大きくなってしまったという場合です。また形が気に入らないとか、傷跡が目立って困るとかいったケースもあります。このような場合でも、再手術をすれば理想的なバストを手に入れることができます。もちろん再手術は初回の手術よりも困難を伴うので、高度な専門技術が要求されます。また美しさを保つには、美的なセンスも必要です。大阪には高い技術とセンスを持った専門医が在籍し、再手術を得意とする美容整形外科が多く、他院での豊胸手術の結果に不満がある方々から人気を得ています。

不満をなくすには

バストに挿入するバッグには、表面がすべすべしたスムーズタイプと、ざらざらしたテクスチャードタイプがあります。このうちスムーズタイプの表面には被膜ができやすく、拘縮の原因になります。拘縮を防ぐには、手術後半年ほどは定期的にマッサージを続ける必要があります。テクスチャードタイプはマッサージがいらないとされています。大阪の美容整形外科では、どちらのタイプも使用されています。バッグの中身はコヒーシブシリコンのほかに、生理食塩水や液状シリコンがあります。生理食塩水は安全性が最も高い反面、比較的破れやすく、感触もやや硬めになるのが普通です。液状シリコンは最も柔らかい手触りが特徴です。一時は発ガン性が疑われていましたが、現在ではガンとの関係はないとされています。こうした知識を持っていれば、再手術のリスクを避ける助けになるでしょう。それでも豊胸手術の結果に不満が出るのは、多くの場合、事前の打ち合わせが不十分なことが原因です。1カップとか2カップとかいう曖昧な指定では、思いどおりにならないことがよくあります。大阪の美容整形外科では、写真やシミュレーションソフトなどを使って、詳細に希望が伝わるような工夫をしています。